iPhoneの操作名称 iPhoneを自宅でWi-Fi接続する
8 月 16

このブログにも貼っているAmazonのくるくるウィジェットのくるくる具合が、に通じるものがあって面白い!
微妙に収まらない場合は、ソースのwidthやheightを変えてやれば調整がきくのだが、やりすぎると狭苦しくなって、くるくるしてんだか何なんだかって感じなので、元の大きさに戻しましたよ。
くるくるウィジェット
ところが問題はそんなことではなく、くるくるウィジェットを貼った途端に
W3C
見にくいかもだけど、62個もエラーが出てさまに怒られてしまった。
のくせになんでよ!と思ったら、に限らず自動生成されたフラッシュをそのまま貼ると、的にエラーになることが多いそうな。
つまり、これに限らず他のブログパーツなんかでも充分ありえる話なので、ブロガーなみなさんは必見なのであります!

All Aboutさんの「&」構文エラー?XHTMLでよく使う文字参照とは?によると、

  1. XML Parsing Error: EntityRef: expecting ‘;’
    URLのパラメータの区切りによく使われる”&”など半角記号は、では直接使ってはいけない。
    例えば ” (ダブルクォーテーション)は " と、「& とアルファベットと ; 」で表現するみたい。
    つまり & を使うと「& とアルファベットと ; 」と勘違いして、「& を使ってるくせに ; がねえぞ!ゴルァ!」とお怒りになるわけ。なので、& は & に置き換える

あとはWebTecNoteさんのhttp://tenderfeel.xsrv.jp/wordpress/222/によると、

  1. there is no attribute “classid”
    objectタグの classid=”ほりゃらら” の部分を type=”application⁄x-shockwave-flash” に変更
  2. there is no attribute “codebase”
    同じくobjectタグの codebase=”http://fpdownload.…/swflash.cab” を消して、objectタグの最後に data=”まるまる” を足す。(「まるまる」の部分には、name=”movie” となっているparamタグの value=”まるまる” と同じURLを入れる。)
  3. element “embed” undefined
    elementタグは使えないので、<embed src= … から </embed> までを消す。

他に自分で気づいたところは、

  1. タグ名や要素名は小文字にする。
    Amazonのくるくるウィジェットではタグは、OBJECT や PARAM や A や NOSCRIPT。要素は、WIDTH や HEIGHT や NAME や VALUE や HREF と大文字になっているので小文字にする。
  2. タグは忘れずに閉じる。
    単体で使用するタグの ” /” を忘れいないか?例えば<br>は<br />。
    Amazonのくるくるウィジェットではparamタグが<param name=”quality” value=”high”>などと生成されるので、<param name=”quality” value=”high” />などに修正する。

これでさまの怒りもおさまるので、信者のブロガーも安心してくるくるできるのであります。

…ってIEではまだエラーが出るなぁ。的にOKなら、とりあえずイイや。




関連するメモ



One Response to “AmazonのくるくるウィジェットがW3Cさまに怒られる件”

  1. XML の中で & 記号はエスケープしなければ simplexml_load_string() でエラーになる | ウェブル Says:

    [...] AmazonのくるくるウィジェットがW3Cさまに怒られる件 [...]

コメントを残す



Amazon ウィジェット